About


Yuki Shingai is a Japanese photographer based in Los Angeles.

She worked as a TV commercial director at one of the top production companies, Dentsu Tec Inc. in Tokyo, directing nationally-broadcast commercials and promotional videos for the major clients such as Mitsubishi, Subaru, House Foods and Otsuka Pharmaceutical.

In 2009, she moved to New York to expand her career opportunities. She studied photography at the School of the International Center of Photography and obtained an artist visa (formally known as O-1 Visa for Individuals with Extraordinary Ability or Achievement). She now lives and works in Los Angeles as a freelance photographer and retoucher on a variety of projects.

For her fine art photography, please visit Yuki Shingai Photography.



新開 由季
香川県生まれ、東京育ち。

1999年、慶應義塾大学を卒業後、テレビCM制作会社である電通テックに入社。
ディレクターとして、CMやプロモーション映像などの企画・演出を手がける。
主なクライアントは、大塚製薬、ハウス食品、三菱電機、スバル、花王、メニコン、TEPCOひかり、AJINOMOTO・J-オイルミルズ、国土交通省など。

2009年、写真を学ぶためにニューヨークへ渡り、英語でのコミュニケーション能力を磨きながら、ほぼ独学でポートフォリオの制作をはじめる。
2010年、International Center of Photographyに入学。
ファインアートを専攻し、強いコンセプトに基づいた作品を数多く制作する。

2011年、ICPを卒業後は、本や雑誌などエディトリアルの分野でも活動をはじめる。
2012年、チェルシーのJulie Saul Galleryにて、Philip-Lorca diCorciaらとともにグループ展に参加。
東日本大震災をテーマにした作品がニューヨークタイムズ紙に取り上げられる。
同年、卓越した能力を有するアーティストに与えられるO-1ビザ(通称 アーティストビザ)を取得。

ロサンゼルス在住。

ファインアートのポートフォリオは、Yuki Shingai Photographyでご覧いただけます。